よくある質問       お問い合せ:045-476-3005  

  

 


脚のむくみはなぜ起こるのか?

 

 からだのなかで、もっともむくみが起こりやす いのが脚です。心臓から遠い位置にある為、血液 の流れが悪くなりやすいことや、重力の関係で水 分がたまりやすいからです。 脚のむくみは、立ち仕事・デスクワークの人に よくみられます。どちらも同じ 姿勢を続けることで、 血液やリンパ液などの 循環が悪くなり、細胞の 隙間などに水分が 停滞するからです。

 


むくみの起こるメカニズム

 

 心臓から全身に送られる血液は動脈を通じて酸素や栄養分を届けるために送り出され、細胞から排出された二酸化炭素や老廃物を回収して、静脈を通じて再び心臓に戻っていきます。この時、足に運ばれてきた血液は重力に逆らって心臓に戻る必要があります。これを静脈還流と呼びます。足の静脈には逆流を防ぐ弁があり、血液を効率よく心臓に戻すために役立っています。

 また、下肢の静脈の血液は、ふくらはぎの筋肉がポンプのような役割を果たして血液を心臓に送っています。人間の下半身には全体の7 割もの血液が集まっていて、ふくらはぎの筋肉が動くことで血液を心臓に戻します。つまり血液を心臓に戻すには、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせる必要があります。これがなんらかの理由でうまくいかなくなるとふくらはぎで血液が停滞して足がむくみます。

 


むくみの原因

 

 むくみには、一過性のものと慢性的なものがあります。一過性のむくみは、さまざまな生活習慣の影響によって起こっています。慢性的なむくみの場合には、早期の治療が必要な病気が原因になっている場合もあるため、注意が必要です。
 また、下肢の静脈の血液は、ふくらはぎの筋肉がポンプのような役割を果たして血液を心臓に送っています。人間の下半身には全体の7 割もの血液が集まっていて、ふくらはぎの筋肉が動くことで血液を心臓に戻します。つまり血液を心臓に戻すには、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせる必要があります。これがなんらかの理由でうまくいかなくなるとふくらはぎで血液が停滞して足がむくみます。


 

【一過性のむくみの原因】
・寝不足
・運動不足
・栄養の偏り
・ストレス
・長時間同じ姿勢でいる事
・アルコールの摂りすぎ
・冷え
・妊娠によるむくみ

 


圧迫圧について

  オンラインショップはこちら
 
オンラインショップはこちら
 
 


よくある質問

 

 ■ 就寝時の着用について

就寝時に着用する場合は、15-20mmHg の圧迫圧が最適です。10-15mmHg でも問題ございません。
20-30mmHgや20-36mmHg は圧迫圧が強すぎてしまいますので、就寝時の着用には適しません。

 

 ■ 普段の靴下がM サイズなので同じサイズで良い?

弾性ストッキングは、足首を起点にふくらはぎから大腿部に向けて圧迫圧が弱くなるように設計
されています。サイズ選定をする場合は足首周径・ふくらはぎ周径・大腿部周径を測定し、サイズ表に当てはまる製品を選定して下さい。それでも迷った場合は足首周径に合った製品を選定して下さい。

 

 ■ M サイズではきつくて履けないのでL サイズにしても良いですか?

弾性ストッキングは圧迫圧が強く履きにくいため、サイズを間違えたと勘違いしてしまうケースがあります。どうしても履くのが大変な場合はサイズを変更せずに、圧迫圧が弱い製品を選定して下さい。

 

 ■ 弾性ストッキングでかゆみが出ます

皮膚が乾燥している場合がありますので保湿クリーム等をご使用下さい。

かゆみと一緒に発疹や発赤が出た場合は担当医師にご相談下さい。

 

 
  オンラインショップはこちら
     
     
   
     
     
       
     
       
       
       

 

Copyright © 2012 SOLVE Co., Ltd. All Rights Reserved.